スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タミフル半減で国内売上高9%減―中外(医療介護CBニュース)

 中外製薬は4月23日、今年第1四半期決算を発表した。タミフルの売上高が前年同期から半減したことなどから、国内医療用医薬品の売上高は9.0%減の789億円だった。ここからタミフルの売上高を除くと、がん領域の売り上げ増加などにより2.7%増の680億円となる。

【国内医療用医薬品売上高詳細】


 好調のがん領域は288億円(12.1%増)。アバスチンが103億円(53.7%増)、ゼローダが23億円(76.9%増)と、大幅に増加した。
 一方、ハーセプチンは57億円(13.6%減)だった。同社の広報担当者は、4月の薬価改定で「市場拡大再算定」の対象となり、薬価が大幅に引き下げられることを念頭に、医薬品卸業者が3月分について買い控えをしたことと、それに対して値引きを行ったことを理由に挙げている。
 このほか、骨・関節領域は130億円(6.6%増)で、関節リウマチ治療薬アクテムラが26億円(73.3%増)と大幅増。
 また、アバスチンに次ぐ売り上げ規模の主力品、腎性貧血治療薬エポジンは、協和発酵キリンのネスプ/エスポーとの競争激化の影響で、87億円(7.4%減)だった。

 タミフルの通常売り上げは14億円(76.7%減)、行政備蓄分は95億円(34.0%減)と、いずれも大幅に減少し、全体では47.1%の減だった。広報担当者は、昨年11月をピークにインフルエンザ患者数が大きく減少しており、今年1月以降も患者数が少ないまま推移したことを原因として挙げている。

 第1四半期の連結業績は売上高871億円(8.0%減)、営業利益111億円(36.6%減)、経常利益121億円(46.9%減)、純利益79億円(42.8%減)だった。通期業績予想については、昨年通期決算発表時(今年2月3日)から変えていない。


【関連記事】
抗がん剤ハーセプチンとゼローダの併用療法で効能追加申請―中外製薬
市場拡大再算定、最大で18%の薬価引き下げ―厚労省
新作用機序のがん治療薬の独占開発・販売でライセンス契約―中外
中外製薬、売上高など過去最高の業績
米国でRA治療薬アクテムラの承認取得―中外製薬

「心神耗弱」争わず=中大教授殺害で検察側-東京地裁(時事通信)
「住民のつながり薄く解決困難に」世田谷一家殺害、遺族が地域連携訴え(産経新聞)
佐用町水害で不明男児捜索=下流域でランドセル発見-兵庫県警(時事通信)
<条例違反容疑>捕獲禁止の魚捕った男逮捕 滋賀(毎日新聞)
<名寄市長選>ホテル・飲食業の加藤氏が初当選 北海道(毎日新聞)

発掘調査事務所燃える=国指定の鴻臚館跡-福岡(時事通信)

 15日午後7時半すぎ、福岡市中央区城内の国指定の史跡「鴻臚館(こうろかん)跡」の発掘調査事務所から煙が出ているのを散歩中の女性が発見、119番した。平屋建てプレハブ(約125平方メートル)を半焼したが、けが人はいなかった。出火当時は無人だったといい、県警中央署と市消防局が出火原因を調べている。
 市教育委員会によると、鴻臚館は平安時代に設置された外交施設。プロ野球の本拠地として知られた平和台球場改修工事に伴って遺構が発見され、1987年から発掘調査が行われている。事務所内には出土品に関する記録などがあったといい、市教委が被害状況を確認している。 

【関連ニュース】
【Off Time】長崎・壱岐の旅 絢爛刺繍と海の王都
【Off Time】マチュピチュの旅
【Off Time】アンコールワットの旅 探検家気分で遺跡めぐり
【特集】昭和の春「思い出甲子園」~怪物江川、ドカベン香川、KKコンビ~
〔写真特集〕驚くべき自然 人類の英知 世界遺産

宗教法人代表、無罪を主張=女性信者乱暴-水戸地裁支部(時事通信)
法人減税に前向き=直嶋経産相、内情で講演(時事通信)
「5月末決着」にとどめ、首相が徳之島に陳謝(読売新聞)
葵祭 第55代斎王代に京都府立医大生 初の平成生まれ(毎日新聞)
<アカウミガメ>産卵期前に清掃活動…愛知・表浜海岸(毎日新聞)

普天間、首相責任論を懸念=社民幹事長(時事通信)

 社民党の重野安正幹事長は15日の記者会見で、鳩山由紀夫首相が米軍普天間飛行場の移設問題を5月末までに決着させると繰り返していることについて、「どういう勝算を持って言っているのか分からないが、言えば言うほど、そうならなかったときにどうするかという度合いが強くなる」と述べ、首相の責任論に発展しかねないとの懸念を示した。
 重野氏は「(政府が移設先として検討している)沖縄や徳之島では、ますます反対運動が激しくなっている。5月末までに結論を出すことは日を追って難しくなっている」と指摘した。 

<銀閣寺>修復完了(毎日新聞)
<共産党>「第三極」危機感…みんなの党台頭で(毎日新聞)
J:COMケーブルテレビ回線電話が不通(産経新聞)
<中国電力>部長が自殺 島根原発調査担当(毎日新聞)
<長妻厚労相>存在感陰り 派遣法・年金、目立つ手堅さ(毎日新聞)

「喜劇の新しい形作った」 井上ひさしさん死去で梅原猛さん(産経新聞)

 哲学者、梅原猛さん(85)の話「『ひょっこりひょうたん島』のころから恐ろしい逸材と思っていた。井上君の喜劇はピリッとした社会風刺とユーモアに満ちていて、いつも弱者の立場に立っていた。喜劇の新しい形を作った人物で、思想の違いを超えて尊敬していた。ここ2、3年は会っていなかったが、僕も3回がんをやっているから大丈夫だろうと思っていたので、残念でならない。僕よりだいぶ若いのに…」

【関連記事】
井上ひさしさん、新作執筆を延期 肺がん治療
肺がん闘病中の井上ひさしさん、パネリスト降板 「菜の花忌」シンポ
作家・井上ひさしさん、肺がんで闘病 家族明かす
石原さとみ、台本は未完成でも「頑張る」
井上ひさし氏心酔 石原さとみに脚本書き下ろし

直木賞作家・星川清司さん死去 「眠狂四郎」脚本も(産経新聞)
お台場で大量発炎筒燃える=メーカー男性引っ越し中、一時騒然-東京(時事通信)
参院選みんなの党から出馬せず 北口・明石市長(産経新聞)
民主党政権へ 自滅は御免こうむる(産経新聞)
首都圏の大学50校で窃盗80件? 無職の男逮捕(産経新聞)

<益川塾>京都産業大で初の入塾式 「切磋琢磨を」と激励(毎日新聞)

 ノーベル物理学賞を受賞した京都産業大の益川敏英教授(70)が塾頭を務める研究・教育機関「益川塾」の初めての入塾式が3日、京都市北区の同大学であった。1期生となる若手中心の11人の研究者を前に、益川教授は「若者は教師の教え以上に自分たちで切磋琢磨(せっさたくま)する中で伸びる」と激励の言葉を贈った。

 自然科学系は「素粒子の標準理論を越えて」、人文社会科学系は「京都の歴史と文化を究める」を初年度のテーマに据え、若手の育成と自然・人文系の人材交流を進める。40歳以下の博士研究員(4人)には給料のほか、年間最大58万円の研究費を支給する。

 応募は66人。難関を突破した博士研究員の梅津光一郎さん(29)は「難しい問題にじっくり取り組める益川塾の環境は魅力的だ」と話した。【林哲平】

【関連ニュース】
西田敏行:「泣くなと厳命」 NHK「こころの遺伝子」で司会 第1回ゲストは三國連太郎
特集:09年度小学校教科書検定 ノーベル物理学賞受賞者・益川敏英氏
今週の本棚・新刊:『益川さん、むじな沢で物理を…』=益川敏英・東京物理サークル著
From60:60年前 恩賜賞に坂田名大教授 /愛知

北海道の市立病院 首都圏の医師を北の大地へ勧誘(産経新聞)
米国立墓地で献花=岡田外相(時事通信)
放火容疑で元社員再逮捕=外装会社元役員の車燃やす-警視庁(時事通信)
鳩山首相の母が上申書「子を助けるのは当然」(読売新聞)
<地震>北海道・小樽などで震度3=午前10時3分(毎日新聞)
プロフィール

ミスターまさひこいなみ

Author:ミスターまさひこいなみ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。